cc011f4e.jpg先日、選手との午前中のトレーニングを終え、
昼メシでも食うか、という事になり、
行く所が最近ワンパターンになっていたので、
ちょっと商店街の奥まで足を伸ばし、未知の領域に。







23区のはずれの場所でもあり、
基本的にレトロな街並み。



そんな風情を楽しみながらフラフラしていると、
何やらちょっとした行列が出来ている店が。




写真の、どっから見てもコ汚い普通(以下)ラーメン屋。



でも、二人とも基本はミーハーなんで、

「…並んでみるか?」

と、無言で意見は一致。





3d007e7b.jpg
この写真は店を出た後に撮ったものなんで、準備中になり暖簾も下ろしているが、
もはや看板の文字は全く見えないぐらい風化。








335a502a.jpg店内に貼ってあるメニュー表……


と言っても、年月で強力に変色し、
もはやほとんど読めない。



しかし…目を凝らして見ると、驚くべき価格であることが判明。




296e220e.jpg本来、外に出すはずの立て看板が店内に。

店の名前が「赤羽餃子センター」である事が分かる。




…え??


この店構えで、「センター」、って…



…っていうツッコミは、この際言いっこなし。



どう見ても70は過ぎてらっしゃる老夫婦、おふたりで切り盛りしている。

動きも全て、何もかもがスローに時間が流れている。





c7f42ff9.jpgいわゆる普通のラーメン。



なんと、このラーメン。


「270円」!


確かに、通常の店のラーメンよりも量は若干少ないが、
味は水準以上。
まさに昭和の中華そば。



第一、今時区役所の食堂でも、この値段は有り得ない。



0eec9c4d.jpg私が注文したチャーハン。


これも何と、「400円」。


量は普通、味も標準レベル。


この値段も、有り得ん。



e613c990.jpgさて、餃子センター、ってくらいだから、
やはり最後はギョーザに期待が掛かる。



味は…


ラーメンもそうだが、こればかりは好みが分かれるものの、
皮はもっちり系で、こりゃ〜旨い!



で、値段は「270円」!!!





つまり、ラーメンとギョーザなら、〆て540円也。



いやぁ〜



まさに、子供のころにタイムスリップしたようなふしぎな時間であった。