パッキャオパッキャオが6階級制覇=ボクシング




日本ではあまり大きなニュースにならないが、
これはとてつもなく、大変な大記録なんだけど…




 
【ダラス(米テキサス州)AFP=時事】世界ボクシング評議会(WBC)スーパーウエルター級王座決定戦は13日、アーリントンで行われ、5階級制覇をしているマニー・パッキャオ(フィリピン)がアントニオ・マルガリート(メキシコ)を3−0の判定で下して新王者となり、6階級制覇を達成した。
 アジア人として初めて4階級以上を制覇したパッキャオはフライ、スーパーバンタム、スーパーフェザー、ライト、ウエルターに続く世界タイトルを獲得した。戦績は52勝(38KO)3敗2分け。(2010/11/14-18:22)





かの名ボクサー、オスカー・デラホーヤに続く二人目の快挙。





だが、バッキャオは10階級で57戦を経験し、その中で負けはわずか3敗のみ。
そしてそのうちの6階級を制した。





フライ級から彼のキャリアがはじまり、今回のスーパーウェルター級までの体重差は、何とおよそ20kg。






なかなか一般の方にこの凄さが分かってもらいにくいが、
本当に大変な偉業なのである。




周囲の人に話しても、反応はイマイチ。





誰か〜〜っ!   分かる人〜!