671d8b4e.jpg何度か書いた事がある、行きつけの中華屋さん。


料理人さんがトレーニング好き、って事から好意的に感じて下さり、
それからホールの可愛い女の子とも仲良しになり…




とは、以前にも書いた通り。




私の体格の事もあり、
それ以来、有難いことに大盛にして下さるのであるが、
最近、それがハンパない。




写真は、あくまで「普通盛り」の餃子セット、というメニュー。


飯は超大盛。
餃子は二人前。
ワンタンスープは、もはや付け合わせの域を超え、一品料理のレベル。




有難いのは確かなのだが、
ここまでしていただくと、もう店の名前も出しにくい。


「オレも大盛にしろ!」

なんて苦情が殺到したら、店に申し訳ないし…





ちなみに、これで660円也。





あと、困ったことが一つ。




以前は、呑んだ帰りに軽くラーメンでも、なんて軽いノリで立ち寄ってたが、
この量になると、小腹が空いたなんてレベルでは立ち寄れない。


しっかり空腹じゃ〜ないと。





「今日は其れほど空腹じゃないんで、結構ですから」



と言えばいいじゃん、って意見もあるでしょーが、
初めにサービスを見越して、先回りしたコメントなんて、何だかイヤラしい感じがして、言いにくい。





それに…





嬉しいのは確かだし、
一度断ったら、次からしてくれないかも…





と、考える、セコい自分…





しかし…





高校生じゃあるまいし、
こんなんで喜んでる中年も何だかな〜…………、と。






また、あたしがいつもサクッと食っちゃうもんだから、
店の人も面白がって、エスカレートして来てる気も。




もう若くないんだから、限界もあるのよ〜




でも、大盛大好き(笑)