連ドラになる前からのファンである「相棒」。


とうとう、正当な評価を受けるまでに成長…


感無量(って、あたしが創ったわけじゃないが)



注目番組の視聴率(ゲンダイネット) - livedoor ニュース



●冬ドラマの事実上のトップは「相棒」

《20.4%》

 1月スタートのドラマが続々終了している。トップは「コード・ブルー2nd」(フジ)の平均16%半ばだが、実際に強かったのは昨秋からスタートして、先週まで放送された「相棒 season8」(テレ朝)だった。

 1月からだけで計算すると、平均では17%半ばを記録。先週の最終回は20.4%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だった。今年になって連ドラで20%を超えたのはこれだけ。「相棒」が事実上の1位といっていい。

 ジャニーズのドラマを筆頭に、平均1ケタのドラマがズラズラ並び、10%を超えたのは5本で、うち2本はどうにか10%をキープしたもの。企画が安直で演技がヘタ。敗因はこれに尽きる。

 連ドラはやめたらという声が上がりそうだ。

(日刊ゲンダイ2010年3月16日掲載)




確かに、昨今のジャニタレの演技はひどい。

脚本もひどい。

もちろん、安易な企画もひどい。

プロデューサーの見識を疑いたくなる現状。


ま、プロデューサーが勝手に企画してるわけじゃないだろうから、
局自体がとんちんかんになってる、ってことでしょうな。