自分のトレーニングはスケジュールの合間に行うため、
毎日色んな場所で行う。



おかげで、同時に様々なトレーナーの指導が視界に入る事になり…







もちろん、私が何か余計な口を挟むはずもなく、
自分のメニューを淡々とこなす事になるのだが。





よく目にするのが、
定番のトレーニング種目の指導になり、
機会が多いのが

「スクワット」。






これは以前にも書いた事があるのだが、
改めて。







ほとんどの指導者が、
立った姿勢から、
「どのようにしゃがむか」
を指導しようとする。





だが、
実はこれは、かなり難しい。





スクワットで最も重要なポイントは、
股関節の屈曲であり
(強い出っ尻)
しゃがみながら、この動作を行うのは、
素人にはかなり難しい。



自分がトレーニングに慣れている指導者は、そういう事に気付かない。





筋肉が伸びながら力を発揮するのを「エキセントリック筋活動」と呼ぶが、
素人には感覚的に掴みづらい。







だから、スクワットは、
「しゃがんだ状態から、立たせる」
方が、感覚的に分かりやすい。






つまり、筋肉が縮みながら力を出す
「コンセントリック筋活動」
を意識させた方が、
多くの場合は分かりやすい。






言わば、「逆転の発想」
である。





スクワットは、
しゃがむ動作、より、
立たせる動作から教える。








こういう考え方は、
実は色々な場面に於いて、共通する部分である。






言わば、
「行いたい動きの、その一つ前の動きが重要」
ということ。







先日、クロスカントリースキー選手の指導を行っていた際、
走り方のフォームの調整をしていた中で、
「腸腰筋」への刺激を重視したメソッドを行ってから、
ランニングトレーニングに移った。




すると本人が、


「脚の送りが軽い」


と。





つまり、
後ろに脚を蹴り出す動作をスムースにするには、
前に戻す動作がスムースでないと、次の動作がぎこちなくなる…




のである。







本来、やりたい動きのその前に、

「本質」


がある。






動きとは、まさに
「連鎖」
「連動」
である。



単独で動きが形成されている訳ではない。






顕著なのが、アマチュアゴルファーである。





ゴルフ雑誌に、一流選手のスイング連続写真などが頻繁に掲載されている。





一般のアマチュアゴルファーはそれを見て、


「トッププロはインパクトの瞬間はこーなっている」



とか、




「テークバックでは、腕の動きがこーなっている」




などと研究し、
同じになるように努力する。






無意味、とまでは云わないが、
その動きを実践するには、その直前の動きが出来ていなければそのようにはならず、
またその動きをするにはその前がこーなっている必要があり…







と、なり、





とどのつまりは、




「スタンス」







「グリップ」




が大事。





と、なるのである。







動きを、切り取って考えると、
本質を見失う。






連動した動きとは、


「最終的に、こーなっているのが理想型」


な事は確かなのだが、
そーなる為には、その前がどのようになっている必要があるのか…







連続写真の切り出しのようには、
人間の動作は出来ないのである。