会社や学校で恒例、というより義務になっている健康診断。


メディアなどの情報でご存知の方も多いと思うが、
実は期待するほどの意味はない、ということはまだ浸透していないようだ。


私が見たメディア情報は確か半年以上前だったと思うが、
最近、患者さんに話すことも多く、書いておくことにした。



厚生労働省の
「最新の科学的知見に基づいた保健事業に係る調査研究班」
というチームが、健康診断で実施している代表的な24の検査項目のうち、16項目は
「病気の予防や死者の減少という視点では、有効性を示す根拠が薄い」
という結論を公表したのである。



それぞれの検査項目が示している数値基準の根拠について、
研究班が世界中の論文に当たって調べたところ、科学的に十分な根拠があった検査項目は
「血圧測定」と「飲酒と喫煙に関する問診」だけだったそうだ。


その他、
「身長と体重の測定」は減量の指導を充実させるなら効果が認められ、
糖尿病を調べる「糖負荷試験」と「うつ病を調べる問診」は、指導と治療の体制が整備されているなら有効と判定されたらしい。



さらに報告によると、
心電図は虚血性心疾患の発見には無意味で、胸部X線検査は肺ガンの発見に有効という証拠がなく、コレステロール検査も心筋梗塞の予防には効果がない、とのこと。
つまり多くの人たちが最も気にする検査が疾病発見や予防という観点では「あまり意味がない」という、にわかには信じ難い結論になる。



今まで健康管理に有効だと信じて、
人によっては費用を払い受診してきたのは一体何だったのか、と言いたくなるのが普通の感覚だろう。



以前に見た情報では、うる覚えだが、
確か欧米では健康診断の項目が日本よりずっと少ないそうだ。
つまり「やっても意味がない」と。
だが日本では「これもやった方が良いだろう」「あれも加えよう」とドンドン増え、
有効性が疑われ始めても、
「ま、一度増やしたのを減らすのもナンだし…」と、そのままになってきた事情があるらしい。

これでは、医療界の考えは、
検診や再検査は儲かるし、
ましてや病気でもたまたま見つかれば商売になる、
という意図であるとしか考えられない。



この情報は多くのメディアに出ているが、
それでもまだ知らない人は多い。
いや、たとえ知っても「いや〜そうは言っても、やっぱやっといた方が良いだろう…?」
てな感じで捉らえられるかも知れない。
何しろ、特に日本は「お医者『様』絶対主義」がこびりついているから。


いや、それでも必要な情報は、
もっとクドイくらいに流すべきだろう。
その上で受診するかどうかは個人の問題。
この状況は、真剣に情報を知らしめようとしているとは思えない。





これは健康診断の話だが、他のことでも疑う必要があるかも知れない。



例えば、最近は全ての交通機関に乗れるカードが普及し、
一見確かに便利なのは間違いないが、
果たして目論見はそれだけなのか?


各種クレジットカードとの提携も進み、
自動でチャージ出来るのは喜ばしいが、結局は業者の利益誘導に一般庶民が踊らされていることはないのか?
我々が気付かないのを良いことに…


個人情報の問題を含めて…



正しい情報が全て開示されるわけではない現状で、
大衆はもっと疑ってかからなければいけないのかも知れない。