今、夕方の時間に
フジテレビで「恋のチカラ」というドラマを再放送している。
好きだったんですよねぇ〜、これ。


ま、ビデオ屋に行けばレンタルがあるのだが、
タダで見られるので、録画して見ている。


内容は、ある広告代理店の才能豊かなクリエーターが、
会社と意見の相違から独立して、
事務所設立の苦労や失敗を描きながら、
そこに恋愛も絡んで…というストーリー。


いや…?
恋愛が主体で、そこに仕事が絡んで、という方が正確かな?
制作者の意図としては。
私はむしろ、前者の見方をしているが。


特に、話の前半は、
元々いた会社から足を引っ張られたり、仕事主体で進むので、
私はこちらが好きであった。
自分の経験からも、うなずける部分が多く。
「仕事」に対する考え方や、「営業」「プライド」「頭を下げるということ」など、
うまく表現されていたと思う。


とても比較にならないが、私も以前、会社から独立する時に、
ちょっとばかり嫌がらせをされかけた事があった。


“されかけた”というのは、
結果的に私には嫌がらせは出来なかった、と言うことで。


というのは、規模こそ比較にならないが、
元いた会社より、私の方が既に広範囲に渡って活動し始めていたので、
私の活動に影響を及ぼすことなど出来なかった、という訳だ。
ま、少しばかり規模の大きな企業にいると、
何でも自分の意のままになると錯覚するのでしょうな。
“井の中の蛙、大海を知らず”と言うのはまさにこのこと。



ドラマは恰好良い“クリエーター”だが、
私はしがない“整体屋のおやじ”で、“トレーナーのおっさん”。


「お互い頑張りましょー」と、実在しない架空の人物にエールを送りつつ、
改めて勇気と元気をもらえている、呑気な中年であった。